青い森マネードクターズ

家計節約のために外食する方法

Pocket

 

もしあなたが「家計の見直し」のために

楽しい家族との外食の回数を減らそうと考えているなら

 

この記事は役に立つと思いますので、

ケチって外食を減らす前にぜひ最後までお読みください。

 

外食をしながら家計支出を抑える方法

 

一般的に家計見直しを考えるとき、

外食や飲み会は「浪費(ムダ)」の代名詞として槍玉にあげられることがあります。

そして、飲み会も浪費の代名詞となることも多いですよね。

 

テレビや雑誌のマネー記事でも結構多いはずです。

しかし、必ずしも外食自体が100%ムダなわけではありません。

 

外食が浪費になるか、それとも家計の節約につながるかは、

実は目的次第です。

 

どういうことかというと、

 

外食することで得られるメリットを考えてみましょう。

 

外食することで得られるメリット

 

あなたは外食する時はどんな時ですか?

  • 家事をサボりたい時
  • 何かの記念日を良い気分で過ごしたい時
  • 大切な人をもてなしたい時
  • メディアで季節のメニューなどを見て食べてみたいと思った時
  • 何となく通りがかってお腹が空いていた時

 

人間誰でも疲れて家事をサボりたい時はありますし、

記念日を良い気分や雰囲気で演出したい時なんかもありますよね。

新作メニューが美味しそうでつい食べたくなる時もありますよね。

 

こう考えてみると、外食は目的があるなら、浪費ではないと考えてもいいでしょう。

目的があって外食を選んでいるなら、目的達成だからOK。

 

浪費となるのは「何となく」の場合のみ。

 

でも、何となく外食してしまっても、

それをその先の家計の節約につなげる考え方があります。

 

外で食べる料理は「今度自宅で作るなら?」と考えてみる

 
外食する時、何となく食べるのではなく、「この料理は自宅で作れないか?」という視点で選んでみてはいかがでしょうか?
 
 
外食って、プロの料理人が技術と時間をかけて工夫を凝らして一品一品を作っています。
(チェーン店の場合は調理がほぼ機械化されていますが、メニューのアイディアは参考になります。)
 
 
なので、せっかくなら目の前の料理を食べる時、「今度自宅で作るなら?」という視点で観察してみてはいかがでしょうか?
 
例えばこんなところを観察してみます。
  • 素材や具材は何を使っているのか?
  • 味付けは?
  • 綺麗に見える盛り付けの方法
  • 料理に合うお皿の色や形
  • どんな油を使っているのか?
  • 調味料は何を使っているのか?

 

こんな視点で料理を観察しながら味わってみると、食事の時間が充実すると思いませんか?

 

私は仕事で出張する時なんかは、外食になることが多いですが、

お店選びはチェーン店ではなく、個人で経営しているお店を選ぶようにしています。

そして、メニューを選ぶ時の基準は

  • 旬のもの
  • 自宅でも作れる定番メニュー
  • 自宅では作れなさそうなメニュー
  • 店主お勧めのメニュー

の中から選んでいます。

 

まとめ

 

外食は一見すると家計見直しの敵(浪費=ムダ)に見えがちな支出です。

 

しかし、外食を「自分の料理のレパートリーを増やす」という目的を設定することで

「食への投資」となるので、決して無駄ではありませんね。

 

実は、お金は貯め方より使い方の方が奥が深い。

そう思いませんか?

 

ケチケチせずに外食も適度に行きましょう。

 

この記事を書いた人

下田 幸彦

青森県八戸市の保険など特定の金融商品を売らない独立系ファイナンシャル・プランナー(FP)。ITエンジニア、保険ショップ店長、東証一部上場ハウスメーカーの金融担当者を経て独立。シンプル・ノーストレスで『お金が貯まる増える仕組みを作る専門家』として活動中。主に40代のシングル女性からの相談が多く初心者でもわかりやすく、徹底した個別サポートが特徴。これまで10年延べ1000世帯以上の相談実績を持つ実務家。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

保険・金融商品の勧誘なし。安心してご相談ください。

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
PAGE TOP