青い森マネードクターズ

2022年、iDeCoがもっと使いやすくなります。

Pocket

老後資産形成のツールとして知名度が上がってきた感のある

「個人型確定拠出年金(iDeCo(イデコ)」ですが、

もう始めていますか?

 

それとも、「よくわからないから・・・。」と

行動できずに足踏み状態でしょうか?

 

 

イデコは税の優遇を受けつつ老後に向けた資産形成ができるので

公的年金の補助として有力な手段ですが、

加入できる年齢が60歳未満という制約がありました。

 

それが、今回の法改正によって使いやすくなりました。

 

 

加入年齢を60歳未満から65歳未満へ引き上げ(2022年5月~)

 

2022年5月からイデコの加入年齢が60歳未満から65歳未満へと拡大されます。

 

人生100年時代と言われるようになり、

より長く働く時代に沿った内容になりましたね。

 

 

ちなみに、60歳以上の方の場合は、

  • 第2号被保険者(厚生年金を納めている会社員の方ということです)
  • 国民年金の任意加入被保険者であれば加入可能となります。

 

 

Q.国民年金の任意加入被保険者とは?

老齢基礎年金の受給資格(10年=120カ月)を満たしていない方、または納付済期間が40年に満たず老齢基礎年金を満額受給できない方のうち60歳以降も国民年金に加入している方のこと。

ただし、申出のあった月からの加入となり、遡って加入することはできません。

 

Q.任意加入の条件は?

次の1.~5.のすべての条件を満たす方が任意加入をすることができます。

  1. 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の方
  2. 老齢基礎年金の繰上げ支給を受けていない方
  3. 20歳以上60歳未満までの保険料の納付月数が480月(40年)未満の方
  4. 厚生年金保険、共済組合等に加入していない方
  5. 日本国籍を有しない方で、在留資格が「特定活動(医療滞在または医療滞在者の付添人)」や「特定活動(観光・保養等を目的とする長期滞在または長期滞在者の同行配偶者)」で滞在する方ではない方

 

 

 

受け取り開始年齢を75歳まで引き上げ(2022年4月~)

 

また、2022年4月からiDeCoの受給開始の上限年齢が

70歳から75歳に引き上げられます。

 

これによって受け取り開始時期は

60歳から75歳までの間で選択できるようになります。

 

リタイアする年齢を遅らせたい人にとっては

運用期間が長くとれるのは嬉しいですね。

 

 

企業型確定拠出年金(企業型DC)加入者のイデコ加入要件緩和(2022年10月1日~)

 

現在は、勤務先に企業型確定拠出年金(企業型DC)が導入されている場合には、

企業型DCの規約でイデコとの併用を認められている場合のみ、イデコへの加入が可能でした。

 

 

つまり、勤務先に確定拠出年金制度がある場合、

老後資金の上乗せとしてイデコも始めようとするとき、

会社が制度上OKをしてくれないと老後資金を上乗せで準備できないという

「やる気はあるのに、できない」状態が起こっていました。

 

しかし、2022年10月からは企業型DCに加入しているすべての方が原則としてiDeCoに加入できるよう、法改正がなされました。

 

今後は、

①企業型DCの事業主掛金とイデコの掛金の合計額が55,000円以内であること

②企業型DCで加入者掛金を拠出(マッチング拠出)していないこと

 

という2つの条件を満たせば、

会社員の方は原則誰でもiDeCoに加入できるようになります。

 

企業型DC制度がある会社にお勤めの方が個人でイデコ(iDeCo)にも加入する場合の拠出限度額は

以下の通りです。

 

 

 

企業型DB(確定給付年金)がある場合の拠出限度額は以下のようになります。

 

 

この記事を書いた人

下田 幸彦

青森県八戸市の保険など特定の金融商品を売らない独立系ファイナンシャル・プランナー(FP)。ITエンジニア、保険ショップ店長、東証一部上場ハウスメーカーの金融担当者を経て独立。シンプル・ノーストレスで『お金が貯まる増える仕組みを作る専門家』として活動中。主に40代のシングル女性からの相談が多く初心者でもわかりやすく、徹底した個別サポートが特徴。これまで10年延べ1000世帯以上の相談実績を持つ実務家。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

保険・金融商品の勧誘なし。安心してご相談ください。

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
PAGE TOP