青い森マネードクターズ

挫折しない家計簿選びのポイント

Pocket

 

 

当事務所では、思うようにお金を貯められないご相談者へ

現状把握のために最低1か月分の収入と支出を記録してもらうようにお伝えしています。

 

すると、決まってこのような反応が返ってきます。

 

「いままで家計簿をつけたことがないのでできるか不安」

「過去に家計簿に挑戦したけど、続かずに挫折した」

「家計簿をつける時、項目はどう分けるのが正解でしょうか」

 

これらは家計簿のお悩みあるあるです。

 

・家計簿は色々な種類があるし、

・記帳の仕方も細かそうだし、

・月末に財布の中身と数字が合わなかったら凹みそうだし、

・支出項目の分け方で迷って進まなそうだし、

・きっちり記録したとしても家計のムダを発見できるか自信ないし、

 

と後ろ向きな理由を並べたらキリがありませんね。笑

 

その気持ち、よくわかります。

私もファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を取得してすぐの頃、

「まずは家計簿から」と思い、いろいろと試行錯誤を繰り返してきました。

 

・手帳式の家計簿

・袋分け式の家計簿

・エクセルで記入

・専用ソフトで記録

 

しかし、どれも長続きしませんでした。

 

長続きしなかった理由ですが、

・手帳式家計簿はいつも持ち歩かなくてはいけない

・袋分け家計簿は食費と日用品が混じった時に不便

・エクセルに入力するのは毎回パソコンを立ち上げるのが面倒

・専用ソフトに記録は毎年購入がしなくてはいけないので費用がかかる

 

と、まぁ、支出を記録するにしても一長一短ありなかなかしっくりきませんでした。

 

が、スマホの家計簿アプリを使うようになってからは驚くほど続いています。

 

しかもストレスはほとんどありません。

ほとんど記入しませんから。。

 

なぜ、家計簿アプリは長続きするのか?

その理由について解説してみます。

 

家計簿が長続きする条件

 

家計簿が長続きするための条件があります。

それは、

 

1.いつでも記録できること

2.記録に手間がかからないこと

3.財布の現金だけでなく、銀行口座の引き落としも把握できること

 

これらの条件をクリアしたのがスマホの家計簿アプリです。

 

スマホをお持ちの方はいつも持ち歩いていると思いますので

1つめの条件の「いつでも記録できる」はクリアしているでしょう。

 

そして、2つめの条件「記録に手間がかからない」も

画面を数回タップするだけで入力完了です。

 

しかも、スマホ搭載のカメラでレシートを読み取ることで

入力そのものが不要になります。

 

さらに、集計は家計簿アプリが自動で行ってくれますから

「計算が合わなくてイライラ」なんてこともありません。

 

最後、3つめの条件「現金だけでなく、銀行口座の引き落としも把握できること」

もクリアしています。

 

家計簿アプリには銀行口座と紐づけを行うことで

リアルタイムで口座残高を取得&表示してくれる機能がありますから

わざわざ銀行のATMで記帳して残高を確認したり、

銀行専用のアプリで残高を確認しなくても済みます。

 

複数の銀行口座を持っている人にとっては手間が間歩けて嬉しいですよね。

 

スマホの家計簿アプリはいくつか種類があります。

メジャーなところでは以下のアプリが人気のようです。

 

・マネーフォワードME

・マネーツリー

・ZAIM

 

などが有名ですね。

 

 

おススメの家計簿アプリは「マネーフォワードME]

 

その中でも私が使ってみて使いやすさでおススメなのは

 

 

マネーフォワードME

 

です。

 

このアプリは連携できる銀行口座数が多く、

 

銀行以外にも

・クレジットカード

・電子マネー

・証券

・確定拠出年金

・暗号資産

・Tカードや楽天ポイントなどの各種ポイント

・航空会社のマイル

・投資信託

・FX

・保険(個人年金保険)

・SuicaなどのICカード

・携帯電話料金

・不動産(マンション)

 

と多くの資産をまとめて登録することが可能です。

 

これでほぼリアルタイムで資産全体を把握することができるようになります。

 

5年以上使ってみた家計簿アプリのメリット

 

家計簿アプリを5年以上使った経験から言えるおもなメリットは

 

1.銀行などの金融機関の窓口、ATMに行く時間と労力が減る

2.リアルタイムで残高確認できるため、うっかり残高不足で慌てて入金がなくなる

3.クレジットカードや電子マネーなどキャッシュレス払いにすると入力作業も不要

 

があります。

 

地方で暮らす私たちにとっては銀行ATMが遠く離れた場所にあることもありますし、

青森の場合は冬季間は移動自体が大変。という時もありますから、スマホ一台で自分の資産状況全体が把握できるメリットが大きいはずです。

 

最初は使い方に慣れが必要ですが、慣れてしまえば元の生活には戻れなくなるかもしれませんよ。

 

この記事を書いた人

下田 幸彦

保険など特定の金融商品を売らない青森県八戸市の独立系ファイナンシャルプランナー(FP)。ITエンジニア、保険ショップ店長、東証一部上場ハウスメーカー金融担当者を経て独立。人生で1番と2番に高い買い物の「マイホーム」と「保険」で失敗しないためのノウハウを提供している。10年で延べ1000世帯以上の相談実績。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

保険・金融商品の勧誘なし。安心してご相談ください。

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
PAGE TOP