シュシュ10月号読者限定ページ

「シュシュ10月号」のマネーコラムはいかがでしたか?

今回ご紹介した「増税に負けない家計づくりのテクニック」は紙幅の関係で具体的にお伝えできませんでしたので、こちらでもう少し具体的にご紹介します。

このページでは10月号の出稿後の最新情報についても掲載しています。

キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)って何?

このロゴが目印です

(引用:キャッシュレス消費者還元事業HP)

キャッシュレス消費者還元事業HPにょると、

キャッシュレス・消費者還元事業とは、2019年10月1日の消費税率引き上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引き上げ後の9か月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

とあります。

今回のこの支援事業がスタートすることで、地域の商店などは結構大変な思いをしたと思いますが、私たち消費者のメリットは

対象店舗でキャッシュレスで買い物をすると、ポイント還元で最大5%分お得になる

ということになります。

期間は9カ月間のみですが、賢く利用して増税による家計負担を和らげたいですね。

 

使えるキャッシュレス支払い方法は?

このポイント還元事業で対象になっているキャッシュレス支払い方法は以下の

  • クレジットカード
  • デビットカード(VISA、Master、JCBのデビットカード)
    ※Jデビットは除く
  • 電子マネー
  • プリペイドカード
  • QRコード
  • Jデビット

などが該当します。

詳しくはこちらで検索できます。
https://cashless.go.jp/consumer/branches-typeA.html

 

使えるお店は?

ポイント還元事業でポイント還元を受けるには、この事業に参加しているお店での買い物が対象になりますので注意が必要です。
いつものお店が対象店舗だといいですね。

全国のポイント還元事業加盟店はこちらで確認できます(全6360ページ)
https://cashless.go.jp/assets/doc/kameiten_touroku_list.pdf

青森県の店舗はP262~P300に掲載されています。
岩手県は店舗はP300~P342に掲載されています。

 

その他、キャッシュレス・ポイント還元事業の情報は
https://cashless.go.jp/
で確認してください。

更新情報

2019年9月6日
PayPayが「まちかどペイペイ第一弾」を発表しました。
還元事業の対象店のうち5%還元対象店でPayPayを使って支払うと、最大5%のPayPayボーナスが上乗せされるキャンペーンです。期間は10月1日午前0時~11月30日午後11時59分の2カ月。コンビニエンスストアなど2%還元対象店舗は「まちかどペイペイ第一弾」キャンペーンの対象外。

ポイントサイトとは いつもの生活にちょっと工夫するだけでポイントが貯まるしくみ

ポイントサイトとは、サイトに掲載されている各企業のサービスをポイントサイト経由で利用すると現金や電子マネーなどに交換が可能なポイントが貯まるしくみのことです。

ポイント還元率は1%前後のものが多く、中には2%以上のものもあります。

ポイントサイトがおすすめな3つの理由

いつものネットの買い物をポイントサイト経由にするだけ(簡単)
銀行口座開設やクレジットカード入会でもポイントがもらえる
もらったポイントは現金と交換が可能(一定額までは税金がかからない)

代表的なポイントサイトをご紹介

モッピー!お金がたまるポイントサイト

moppy(モッピー)

こちらは「株式会社セレス CERES INC.」が運営するポイントサイトです。日用品、家電製品、美容・エステ、保険・投資など私たちの生活に関わるありとあらゆる企業のサービスが掲載されています。もらえるポイントも高めなのでおススメです。
貯めたポイントは、現金、電子マネー、他社のポイントと交換できます。
さらにJALやANAの航空会社のマイルにも交換が可能なので、旅行好きな方にはおすすめです。

無料会員登録はこちら
↓ ↓ ↓
モッピー!お金がたまるポイントサイト

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

Hapitas(ハピタス)

こちらは「株式会社オズビジョン」が運営するポイントサイトです。暮らしに便利なありとあらゆる企業のサービスが掲載されていて、もらえるポイントも高めなのでおススメです。

無料会員登録はこちら
↓ ↓ ↓
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

電子ギフト券の売買サイトとは?

インターネットで買い物をする時に使える「電子ギフト券」。
プレゼントや何かのキャンペーンでもらったことはありませんか?

電子ギフト券はネットの買い物で使えるのでとても便利ですが、
普段使わない会社のものだとちょっと使う気になれませんよね。

かといってギフト券を使うためにわざわざ余計な買い物をするのもなんとなく違う気がするし。

そんな時に使えるサービスが「電子ギフト券の売買サイト

アマゾン、楽天、アップルストアやGoogleストアで使える電子ギフト券を売りたい人と買いたい人が集う場所です。

購入できるギフト券の割引率は?

電子ギフト券の売買サイトでの割引率はギフト券の種類によって異なりますが、概ね10%前後の割引率が多くなっています。(つまり、額面金額の90%前後の価格で購入できます)

インターネットで買い物をする時、あと数百円で送料無料の時、あまり欲しくないモノを買ってしまって結局使わなかったり、粗悪品を買ってしまって後悔した経験はありませんか?

電子ギフト券を割引価格で買う事ができれば、本当に必要なものを安く買えることになりますから消費増税の対策としては効果が大きいですね。

「電子ギフト券 売買サイト」はインターネット上で検索すると沢山でてきますが、
ここでは人気のある2つのサービスをご紹介します。

Giftissue(ギフティッシュ)

このサービスは「株式会社DAYNEEDS」が運営しています。

購入できるギフト券の種類

(出典:ギフティッシュHPより)

出品する人がいなければ、在庫切れの時もありますが、なかなかの商品ラインナップですね。

会員登録は無料なので、よく利用するネットショッピングサイトがあるようでしたら、こちらで定価より安く購入すると家計負担はかなり軽くなりますね。

無料会員登録はこちらからできます。
↓ ↓ ↓
Giftissue ギフティッシュ

ギフル

このサービスは「株式会社ギフトプライス」が運営しています。

主にアマゾン、iTunes、GooglePlay、LINEで使えるギフト券の取り扱いとなっています。各ギフト券の割引率は10%未満が多いようです。

ギフティッシュに比べると少し券種が少ないので今後に期待したいですね。

会員登録は無料です。
↓ ↓ ↓
ギフル

さらに役立つ情報

いかがでしたか?

消費税が8%から10%に上がったからと言って大慌てする必要はありません。
キーワードは「キャッシュレスとインターネット」

上手に使えば増税の影響は抑えることができます。
ティッシュやオムツを買い溜めするより、お得なサービスを上手に使う方がよほど増税対策になると思いませんか?

さらに家計を強く逞しくする「くらしとお金」の情報は
無料メルマガでお伝えしています。

PAGE TOP