青い森マネードクターズ

40代はがん保険は入っておくべき?

Pocket

保険相談をお受けすると

よく

「がん保険って入っておいた方がいいですか?」

という質問を頂きます。

 

この答えはご相談者ごとに微妙に異なりますが、

ひとつ気をつけたいことがあります。

 

それは、

「みんなしてるから自分も」

という

『右倣え的な発想』は

お金で苦労する可能性が高い。

ということです。

 

特に日本人はよく言えば協調性が高い、

悪く言えば周りに流されやすい人が多いので

要注意です。

 

がん保険とは?

 

がん保険とはがんになり、

治療をすると保険金が支払われるタイプの保険ですが、

本当にがん保険は入っておいた方がいいのでしょうか?

よーく考えてみましょう。

 

「2人に1人はがんになる時代」は本当?

 

国立がん研究センターが運営する

がん情報サービスの最新がん統計」によると、

生涯でがんを経験する確率は、

男性で約6割、女性でも約4割という統計データがあります。

 

ここでがん保険のパンフレットなどには、

「2人に1人はがんになる時代」

と書かれていますから、

このデータはきっと正しいだろう。

「確率が50%なら入っといた方がいいか」

となりそうでうね。

 

しかし、ここに注意が必要です。

 

それは、

 

今のあなたの年齢でがんに罹る確率とかなり高齢(60代や70代)になってからがんにかかる確率は大きく違う

 

ということです。

 

こちらのグラフをご覧ください。

 

 
 

 

 

このグラフは、

男女ともに人口10万に対するがんにかかった人の数ですが、

男性は50代あたりから上昇し、55-59歳の年齢帯で

男女のがんにかかる確率は逆転しています。

 

しかし、逆に考えると

 

若年世代はがんにかかる確率はかなり低い

 

ということがわかります。

 

平均値の落とし穴

 

このデータからわかることは何でしょうか?

 

一生で考えれば「2人に1人でがんになる」

は確かにウソではありません。

 

しかし、年代別でこんなに確率に差がある

 

データの平均値を使い

 

「一生で2人に1人はがんになる」

 

と言われると、

 

「常にがんにかかる確率が50%?心配だから備えておこう!」

 

という間違ったイメージを持ってしまう人もいるのではないでしょうか?

 

この年齢別データを見ずに

 

「(あくまでも一生で考えると)2人に1人はがんにかかる時代」

 

というフレーズを鵜呑みにして

 

若いうちからがん保険に毎月数千円ずつ掛け捨てていては、

 

将来の老後の資産形成が遠のくことは明らかです。

 

 

じゃあ、どうすればいいの?

 

さきほどデータで見たように、

 

年齢別にがんにかかる確率が違うので、

 

年代別でがんの治療費に対する対処方法について

 

分けて考えてはいかがでしょうか?

 

年代別の考え方の目安

 

■20~30代は定期タイプのがん保険に加入し、保険料を抑えつつリスクに備える

 

 

■40~50代は配偶者や子供の有無、住宅ローンをかかえているかどうかなど、自分のライフスタイルに合わせて定期タイプのがん保険か終身タイプのがん保険かを選択

 

 

■60代以降は300万円程度の余裕資金があればがん治療費は貯蓄から捻出。貯蓄が少ない時は終身タイプのがん保険の検討を行う(ただし、高齢になってがんになったら多額の治療費がかかる治療を望まない方針ならがん保険の加入をしない)

 

 

まとめ

 

年代別でリスクに多きな差があるものについては、年代別のリスク対処法を考えた上で保険の必要性を考えてみてください。

 

この記事を書いた人

下田 幸彦

保険など特定の金融商品を売らない青森県八戸市の独立系ファイナンシャルプランナー(FP)。ITエンジニア、保険ショップ店長、東証一部上場ハウスメーカー金融担当者を経て独立。人生で1番と2番に高い買い物の「マイホーム」と「保険」で失敗しないためのノウハウを提供している。10年で延べ1000世帯以上の相談実績。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

保険・金融商品の勧誘なし。安心してご相談ください。

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
PAGE TOP