凄い傘を買いました。

こんにちは%e5%8f%8b%e5%ae%9f%e5%ae%b6%e6%a7%98%e7%94%a8

ファイナンシャルプランナーの下田です。

最近、ずっとある事で悩んでいたので
アマゾンで傘を買いました。

そう、雨の日に差すアレです。

(青森では傘を「さす」ではなく、傘を「かぶる」といいます。よく小さい頃、母親に「今日は雨だから傘かぶれ!」と言われてました。
私が住んでる地域だけかもしれませんが。。)

でも、ただの傘じゃないんです。

どんな傘かというと。。。

開閉するときに手が濡れない
車から乗り降りする時も濡れない
車内も濡れない
差してる時もズレ落ちない(立ってスマホいじっててもOK)
閉じて真っ直ぐ立てて置ける

 という便利グッズなんですね。

地方は圧倒的に車移動が多いので
雨の日や雪の日に車から乗り降りする時、
折りたたみ傘でもどうしても濡れてしまう。

これが私のちょっとした小さな悩みでした。
それがこの傘なら逆に開くので(ほぼ)濡れません。

おそらく私の車内マストアイテムになる事間違いなしです。

商品の詳しい情報はこちら

晴れた日にこそ傘を選ぶ。

さて、あなたが傘を買うときはいつですか?

急に雨が降った時?
傘を開いたら壊れた時?(これが一番凹みます。)

急いでるときに限ってこういう事起こりませんか?
私は結構ありました。

そんな時のために備えておく事を専門用語で
『リスクマネジメント(危機管理)』と言います。

まぁ、雨の日に傘が無くても数百円で傘を買えばいいんですが、
急病や交通事故などで入院、死亡したら数百円じゃ済みませんよね。

そんなときのために保険(生命保険、自動車保険、火災保険など)
という金融商品で準備しておきましょう。(定期点検も忘れずに)

晴れてる時こそ傘を開いてみましょう。

あなたの傘は大丈夫ですか?

下田幸彦

下田 幸彦
下田 幸彦FP事務所・青い森マネードクターズ代表
保険などの金融商品を売らない独立系ファイナンシャルプランナー
IT×保険×住宅業界の経験から『デジタルマネー時代のお金の専門家』として40代の働く女性向けに「人生後半にお金でコケないお金の自信と計画」をサポートしている。