住宅ローンの借り換え前にすべきこと

ここ数件、住宅ローンに関するご相談を立て続けにお受けしています。

内容は借り換えだったり、繰上返済の方法についてと
様々ですが、最近感じることは、

「今の金利が既に低い」

ということです。

例えば、地方銀行の変動金利は0.65%~0.8%前後、
金利をさらに安くしたいための借り換えとなると、

選択肢は

  • ネット銀行の住宅ローンで変動金利を選択
  • 県内に影響拠点のある別の銀行へ交渉

あたりでしょう。

借り換えの目的が
「変動金利から長期の固定金利にして、金利上昇リスクを抑えたい」
ということであれば、毎月の返済額は上がります。

 

ここで注意しなくてはいけないのは
借り換えには諸費用がかかること。

「借り換えによって浮いた返済額×返済年数=借り換えメリット」が、
「借り換えにかかる諸費用」を下回るケースもあります。

すると、「別に借り換えない方が良かったんじゃ?」
ということになりますから、借り換える前に
必ず試算はしておきましょう。

Googleで「住宅ローン 借り換え 試算」で検索をすると
住宅ローンの借り換えを比較できるサイトがズラ~ッと出てきますから
その中に条件を入力して試算すれば、借り換えがお得なのかが分かります。

私が普段使う借り換え試算で使うのは

住宅金融支援機構が提供している借り換え試算のページです。
↓ ↓ ↓
住宅金融支援機構借り換えシミュレーション

諸費用の入力は
・融資手数料
・保証料
・団体信用生命保険

を個別に設定することができますので、
借り換えたい金融機関の条件に合わせて入力するだけです。

いきなり銀行に相談に行く前にこのようなサイトで
試算をしてから金融機関を訪問しましょう。

無料メルマガで学ぶ「一生モノのお金の知恵」

仕事、結婚、出産、子供の進学、マイホーム、起業、老後資金、親の介護・相続など、お金の悩みが一気に増える40代以上のあなたへ。

延べ1000世帯以上の相談実績を持ち、保険や投資商品を販売しない゛独立系ファイナンシャルプランナー゛がお金の不安・悩みをシンプルに解決するヒントをメールでお届けします