がん保険って入っておいた方がいいですか?

保険相談をお受けするとよくでる質問が
「がん保険って入っておいた方がいいですか?」
というものです。

この答えはご相談者ごとに違いますが、気をつけたいのは、
「みんながこうしているから自分も」という『右ならえ的発想』は
お金をドブに捨てる可能性が非常に高い。ということです。

がん保険はがんになったらお金がもらえるタイプの保険ですが、
本当にがん保険は入っておいた方がいいのでしょうか?
考えてみましょう。

「2人に1人はがんになる時代」は本当なのか?

国立がん研究センターが運営する「がん情報サービスの最新がん統計」によると、生涯でがんを経験する確率は、男性で約6割、女性でも約4割という統計データがあります。

ここでがん保険のパンフレットなどには、「2人に1人はがんになる時代」と書かれていますから、「このデータはきっと正しいだろう」、「確率2分の1なら入っといた方がいいか」となりますが、ここに注意が必要です。

それは、「いまのあなたががんになる確率とかなり高齢になってからがんにかかる確率はかなり違う」ということです。こちらのグラフをご覧ください。

出典:国立がん研究センター がん情報サービスより引用

これは、男女ともに人口10万に対するがんにかかった人の数ですが、男性は50代あたりから上昇していることがわかります。しかし、逆に考えると若年世代はがんにかかる確率はかなり低いということも同時にわかります。

平均の落とし穴

これ、一生で考えれば「2人に1人でがんになる」はウソではないかもしれません。
でも、年代別でこんなに確率に開きがあるデータの平均値って意味あるんでしょうか?

この年齢別データを見ずに「(一生で考えれば)2人に1人はがんにかかる時代」を鵜呑みにして若いうちからがん保険に毎月数千円ずつ掛け捨てていては、将来の資産形成はかなり遠のく確率は高くなります。

じゃあ、どうすればいいのか?

さきほどのデータで見るように、年齢別にがんにかかる確率が違うので、年代別でがんの治療費に対する対処方法について分けて考えてはいかがでしょうか?

考え方の目安として、
■20~30代は定期タイプのがん保険に加入し、保険料を抑えつつリスクに備える
■40~50代は配偶者や子供の有無、住宅ローンをかかえているかどうかなど、自分のライフスタイルに合わせて定期タイプのがん保険か終身タイプのがん保険かを選択
■60代以降は300万円程度の余裕資金があればがん治療費は貯蓄から捻出。貯蓄が少ない時は終身タイプのがん保険の検討を行う(ただし、高齢になってがんになったら多額の治療費がかかる治療を望まない方針ならがん保険の加入をしない)

まとめ

年代別でリスクに多きな差があるものについては、年代別のリスク対処法を考えた上で保険の必要性を考えてみてください。

無料メルマガで学ぶ「一生モノのお金の知恵」

仕事、結婚、出産、子供の進学、マイホーム、起業、老後資金、親の介護・相続など、お金の悩みが一気に増える40代以上のあなたへ。

延べ1000世帯以上の相談実績を持ち、保険や投資商品を販売しない゛独立系ファイナンシャルプランナー゛がお金の不安・悩みをシンプルに解決するヒントをメールでお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA