お電話でのお問合せはご遠慮頂いてます。

こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの下田幸彦です。

当事務所では名刺に電話番号を載せていません。

なぜか?
理由は「突然かかってくるあらゆる営業電話から時間を守り生産性を上げるため」です。

私が会社員時代にとても困っていたのは
「外出の多い営業社員にかかってくる電話応対や取り次ぎ」
でした。

これってかなり集中力を削がれるんです。

例えばこんな感じです。↓

事務所には私ともう一人しかいない平日の午後。
その時、突然電話が鳴ります。

私:「はい●●株式会社でございます。」

お客様:「▲■さんいらっしゃいますか?」

私:「あいにく外出しております。」

お客様:「では携帯に掛け直してみます。(ガチャ)」

私:「・・・、なんじゃそりゃ!」

あなたはこういうやりとりを経験した事はありませんか?
そしてこれを当たり前だと思ってこなしていませんか?

多くの会社で当たり前にやっている事ですが、
(私がこれまで勤めた会社は全てそうでした)

「電話がかかってくる→電話に出る→別の人宛の電話とわかる→その人を探す→不在だとわかる→電話の相手に説明する→(伝言を預る)→その人宛に伝言メモを残す、メールやLINEで伝える」

このやり取り、携帯電話で一発解決ですよね?

特に、自分の仕事がはかどっている時に限ってこういう電話がかかってくるんです。(笑)
不運にも取ってしまうと仕事は中断され、仕事再開まで余計に時間がかかってしまいます。

仕事で電話がかかってこないようにするには賛否両論あると思いますが、
今はメールやSNSの時代です。わざわざ電話で話さずともお互いの空いた時間でコミュニケーションはとれるはずです。(高齢者の方は電話世代ですからしょうがないと思いますが)

突然の電話から自分の貴重な時間を守る方法はただ一つ。
電話がかかってこない場所に避難して仕事すること。w

この方法、営業マンにはオススメです。
特に社長は社内の時間泥棒から自分の時間を死守して
自分の仕事をするためにも雲隠れをおすすめします。

毎日の些細な事ですが、集中力を切らさずに仕事ができたら生産性は自然と上がります。

クルマで目的地に向かうとき、信号の多い道でたびたび止まりながら目的地に向かうのと
高速道路を一気に走るのはどちらが早く目的地に着くでしょうか?
当然ですが、後者ですよね。
さらに、運転中のストレスが少ないのはどちらでしょうか?

というわけで、仕事の生産性を高めるなら、可能な限り
集中力を乱すものから離れましょう。

PS
ホームページには留守電メッセージ受付専用の電話番号を掲載しています。
お急ぎの方は必ず留守番電話にメッセージを残してください。

無料メルマガで学ぶ「一生モノのお金の知恵」

仕事、結婚、出産、子供の進学、マイホーム、起業、老後資金、親の介護・相続など、お金の悩みが一気に増える40代以上のあなたへ。

延べ1000世帯以上の相談実績を持ち、保険や投資商品を販売しない゛独立系ファイナンシャルプランナー゛がお金の不安・悩みをシンプルに解決するヒントをメールでお届けします