お客様の声(十和田市・T様/相続のご相談)

こんにちは。%e5%8f%8b%e5%ae%9f%e5%ae%b6%e6%a7%98%e7%94%a8

青い森マネードクターズです。

今回は10月に相続相談をお受けになった

T様(70代)からお客様の声を頂きましたので

ご紹介します。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88

 

 

 

 

 

 

 

 

個別相談のきっかけ

T様は相続セミナーにご参加されて
個別相談をお受け頂きました。

 

誰に相談したらいいかわからないまま

T様は自分のお母様(90代)の相続と生前贈与について

悩んでいらっしゃいました。

「母の土地があるが、孫へ生前贈与したらよいのか、相続まで待った方が

よいのか・・・」と長い間モヤモヤしていたようです。

しかも、自分の財産(主に不動産)についてもどのように

子供たちに遺して行こうか悩んでいらっしゃいました。

 

専門家に相談するのは敷居が高い?

T様のケースは所有財産の大半が不動産でした。

(日本人の大半はこのパターンです)

この場合、まずは土地の相続評価を正確に出す必要があります。

宅地かどうか、人に貸してるかどうかによっても評価額は変わります。

相続税がかかる、かかからないか違ってくるからです。

これって大きな違いですよね。

T様の場合、本来は相続に詳しい税理士や司法書士に正しい財産評価

をしてもらった上で対策が必要となりますが、そこまでは

ご希望されていなかったため、ご提示頂いた範囲の情報で

お答えさせて頂きました。

 

まずは誰かに話すことで道は開ける

家族構成や状況、ご希望をお聞きしながらひとつひとつ

お答えしていくとT様の心のつっかえが少しとれたようでした。

 

専門家に相談するのってもっと深刻な状況になったらと思っていませんか?

 

事態が深刻化する前に専門家に相談には行った方がいいですよ。

でも、誰に相談していいのかわからないとき、まずは

FP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみてください。

近くにFPの知り合いがいないならお問合せフォームからご相談ください。

悩んでないでまずは相談!(何かのテレビCMみたいですね(笑))

 

無料メルマガで学ぶ「一生モノのお金の知恵」

仕事、結婚、出産、子供の進学、マイホーム、企業、老後資金、親の介護・相続など、お金の悩みが一気に増える40代以上のあなたへ。

保険や投資商品を売らない”独立系ファイナンシャルプランナー(FP)が、延べ1000世帯以上の相談実績から導き出した「豊かにくらすお金のヒント」をメールでお届けしています。