こんにちは。イナンシャルプランナーの下田幸彦です。

今回、「家計改善トレーニング」サービスを受けて頂いたお客様から

感想を頂きましたのでご紹介します。

Q1.当事務所をどのようにしてお知りになりましたか?

「青森県 家計相談」「ファイナンシャルプランナー」等のワードでネット検索しました。

Q2.ご相談をされる前、どのような悩みや不安をお持ちでしたか?

住宅ローンやフリーローン等の支払いが家計を圧迫して、現在の生活や老後の生活等の不安がいつも頭から離れませんでした。

Q3.個別相談&サポートを受けてみて、どのような変化がありましたか?

住宅ローンの借り換え、通信費、生命保険の見直し等色々な提案をして頂き、それを1つ1つクリアする事で劇的に家計を改善することができました。

いつもお金の不安が頭から離れなかったのが、今ではこれからの人生の事を前向きに考える事ができます。

Q4.これから個別相談をうけようか迷っている方へひと言お願いいたします。

是非是非、下田先生に軽い気持ちで良いので一度相談してみてください。必ず下田先生が最善、最良の解決策を見つけてくれます。

 

「家計改善トレーニング」とは?

当事務所のサービスメニュー「家計改善トレーニング」では、家計の支出改善(支出カット)だけでなく、収入の改善(収入アップ)の方法を含むアドバイスと個別サポートをしています。

支出カットのアドバイス&個別サポートでは、ご相談者にとって無理のない範囲で取り組める方法を一緒に検討した上で実行を支援しています。

具体的な流れは、

1.現在の家計状況の確認(家計改善ポイントの診断)

現在の家計状況を確認し、家計改善につながる支出ポイントを見つけます。

2.家計改善プランの作成

家計改善すべきポイントを見つけたら、具体的なプランを作成します。この時、改善効果が高い方法でもご相談者様にとって難しすぎて実行できなくては意味がありませんので、ご相談者様にとって無理なく実行が可能かという点も含めてご相談者様と一緒に検討していきます。

3.改善プランを1つ1つ細かく個別サポート

実行可能な改善プランができたら1つ1つ行動に移していきます。この時、当事務所ではご相談者様に必要な情報の提供と可能な範囲で個別サポートを行います。

例えば、保険の見直しが必要なら、常に顧客目線で提案をしてくれる豊富な商品知識と誠実さを備えた保険代理店をご紹介し、同席して納得行く保険選びをお手伝いします。

T・S様の場合

今回のご相談者T・S様は、長年勤める会社のお給料が残業代カットで減る中、毎月の支出がいつもギリギリでほとんど貯蓄ができない状態でご相談にいらっしゃいました。

STEP1.家計改善ポイント診断

家計改善のポイント診断を行った結果、改善につながりそうなポイントは以下の通りでした

1.中古で購入&リフォームした時に組んだローンが「住宅ローン」ではなく「リフォームローン」で最長15年返済で金利は高め(ご相談時の残りの返済年数は約9年)

2.ネット銀行からのカードローンの金利が年13%と高く、なかなか元本の返済ができない状況

3.大手キャリアで契約している通信費が毎月およそ1万5千円(端末の分割払い込)と高い

4.国内大手の生命保険会社のアカウント型保険に加入中。毎月の支払い保険料は約1万円ではあるものの、本来の保険料は過去の積立部分を取り崩して充当している

STEP2.家計改善プランの作成

T・S様に現状の家計状況を確認させて頂き、改善につながるポイント(上記4点)をお伝えさせて頂き、改善プランを検討しました。今回T・S様へご提案した改善プランは以下の通り。

1.リフォームローンを住宅ローンとして借り換え(返済期間の延長と金利の見直し)

2.カードローンの借り換え(住宅ローンと一本化を検討)

3.スマホ料金の見直し(大手キャリアから格安スマホへ乗り換え)

4.生命保険の見直し(アカウント保険(パッケージ保険)から単体保険の組合せ)

STEP3.家計改善プランの実行支援(個別サポート)

T・S様に家計改善プランについてご説明の上、了解を頂き1つ1つプランを実行に移すこととしました。お手続きなどの詳細は長くなりますので、ここでは簡単に経緯だけご紹介しておきます。

リフォームローンの借り換えですが、いくつかの銀行を廻り、優秀な融資担当者に対応して頂き、現状よりも有利な条件で借り換えることができました。

同じように、なかなか元本が減らないネット銀行のカードローンもフリーローンとして借り換えをすることで毎月返済を下げる事に成功しました。

さらに、国内大手生命保険会社の更新タイプのアカウント型保険は、必要な保障を絞り、保険料の値上がりがないタイプの保険に加入しなおすことで将来の保険料の値上がりの心配はなくなりました。

おまけとして、解約した旧契約から少しまとまった額の解約返戻金が戻りました。

最後に、通信費は大手キャリアから格安スマホへ乗り換えることで毎月の通信費を3分の1程度に下がりました。

 

これらすべての家計改善プランを実行した結果、支出改善額は・・・

見直し項目 対策前 対策後 効果
住宅ローン 毎月 65,000円 毎月 51,527円(3年固定)
(4年目以降 54,007円)
14,473円
カードローン 毎月 20,000円
(金利13.0%)
毎月 11,164円
(金利10.5%)
8,836円
生命保険 毎月 10,754円~
(本来保険料:12,296円~)
毎月 9,839円 915円
通信費
(スマホ)
毎月5,315円

データ3G
スーパーカケホ他

毎月 1,600円
(当初6カ月間 400円)
データ3G
3,715円
見直し効果 27,939円

これらの見直しにより、毎月の支出が約28,000円ほど改善しました。

さらに、今回の見直しで地震保険で未請求のものがあったり、火災保険で請求可能でも未請求のものがあり、保険金が受け取れたりと家計改善余地のあるところは余すところなく実行することができました。

今回の支出改善で大きなメリットは、「ストレスの溜まるようなガマンの節約ではないこと」です。

家計支出のうち、固定費の見直しを中心に行いましたので、これまでの生活水準を大きく落とさずに、自由になるお金を増やすことができました。

これから先、この改善した金額の一部を将来にむけた資産形成に役立てて頂けたらと思います。