5月8日の東奥日報社夕刊「君と暮らして『パパママ奮闘記』」

の教育費準備の件でメール取材をして頂きました。

 

こどもが生まれたら考えるのは、

「この子はどんな大人になるのかな?」

「できるだけ夢を応援してあげたいな」

など、親としても大きな夢と希望が溢れますよね。

 

でも、気になるのが将来的な進学費用です。

よくマネー雑誌には子供が生まれてから社会人になるまで

オール公立で進学した場合、約1000かかると言われています。

オール私立だと2000万円くらい。

 

なかなか普段の生活で使っているお金とは単位が違いますから

ドキッとする方もいるのではないでしょうか?

 

でも少しは安心してください。

子供が社会人になるまでにかかる大きなお金は

高校受験や大学受験、大学の授業料といった

子育ての中盤から後半にかかってくることがわかります。

 

なので、生まれた時からしっかりとお金の準備を

しておけば大丈夫です。

 

記事にもなっていましたが、

1つは児童手当を全額貯めること。

このお金を生活費に回している家庭も多いですが、

その場合は家計の見直しをして児童手当に頼らないで

生活できるように家計の支出改善をしましょう。

例えば、保険の見直し、住宅ローンの見直し、通信費の見直し

食費の見直しなどです。

 

3か月だけ家計簿をつけてみてください。

どこにムダがあり、節約で削ってもよいところ、

譲れないところが自分でも把握できるようになります。

 

次に教育費がまとまってかかる時期は決まっていますが、

生まれてすぐなら時間に余裕があります。

 

なので、何年という長い時間を使って積立投資などで

殖やすことも考えてみてください。

 

普通は、

「こどもが生まれた = 学資保険で貯蓄しなきゃ」

という連想をしがちです。

 

しかし、現在の超超低金利下では学資保険で教育費を

ためるのは銀行預金と大差ないくらい少ないのが現状です。

 

学資保険は短期間で解約した場合の戻りが少ないこと

がデメリットになります。(保険商品全般そうですが)

 

家計収支がわからないまま学資保険をがんばってかけても

急な出費が重なって解約してしまい、結局お金を損したと

いうお客様をこれまで何人か見てきました。

 

でも、学資保険は親(契約者)に万が一の場合は保険料

が免除になりつつ満期でお金がもらえるのがお得。

と考える方もいると思いますが、それは違います。

 

学資保険は「貯蓄+若干の保障」というイメージですので

万が一に備えるなら掛け捨てタイプの保険で子供の

教育費を十分賄えるだけの保険をかけておけば良いのです。

 

つまり、

保障は保険で。貯蓄や積立は別の商品で。

が基本的な考え方になります。

 

児童手当の全額貯蓄、教育費の積立をしても

お金が足りなかったら始めて奨学金を利用する

くらいの感覚でいた方がよいですよ。

 

メルマガ会員限定で個別相談、マネーセミナーをお知らせしています。

教育費のお悩みや貯蓄の仕方、投資で安定的に資産形成をする方法など伝えています。

↓ ↓ ↓

無料メルマガ登録