こんにちは。

ファイナンシャルプランナーの下田幸彦です。

先日、12月24日(土)にはじめて家計簿講座を開催しました。

タイトルは

『スマホでかんたん!はじめての家計簿(初級編)』

日時:12月24日(土)13時30分~15時00分
場所:『スクール&カフェ友実家』
受講料:2,000円

内容は、スマホアプリの簡単操作で手軽でラクに

続けられる家計簿を試してみよう。というわけです。

なぜ、日本人の60%以上が家計簿をつけられないのか?

あなたは、家計簿をつけていますか?

あなたは、計画的に貯蓄ができていますか?

答えが両方ともYESなら、このページはすぐに閉じてください。

 

もし、あなたの答えがNOなら、この2つの質問に

3分間じっくりと向き合ってみてください。

なぜ、家計簿をつける必要があるのか?

なぜ、貯蓄をする必要があるのか?

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

答えがでましたか?

あなたの答えは「○○だから」となるでしょう。

それでは、その答えに対してもう一度、

「なぜ、○○という理由が家計簿をつける必要になるのか?」

と自分に問いかけてみてください。

もう一度、答えは「だって、□□だから」となるでしょう。

さらにもう一度、その答えに対して

「なぜ、□□という理由が家計簿をつける必要になるのか?」

を考えてみてください。

これがあなたが家計簿をつける本当の理由(不安や恐れ)だと

思います。

 

 

例えば、ある人がなぜ、家計簿をつける必要があるのか?

に対して、「貯蓄が少ないから家計簿をつける必要がある」

という答えだとしたら、

「『貯蓄が少ない』という理由がなぜ家計簿をつける必要になるのか?」

ともう一度質問してみます。

すると、

「だって、貯蓄が少ないと買いたいものを買えない」

「だって、貯蓄が少ないといざという出費があったら困る」

などと色々な答えが出てくるでしょう。

そして、その答えは大抵

「お金が無いと困る」から、だと思います。

 

お金があって買いたいものが買えて、いざ何かあっても

支払いに困る事がなければ家計簿をつける必要なんてない

わけですからね。

 

では、いくらあったらその不安は消えるのでしょうか?

1万円?10万円?100万円?1000万円?

 

さぁ、家計簿はここまで考えてはじめてスタートライン。

ほしい物(または金額)を明確にして、その達成

までの計画を見える化するためのツールです。

 

収入と支出のバランスが保たれていて、欲しい物を

ほしい時に買えるなら、わざわざ家計簿をつける

必要はないと思います。

 

もし、欲しい物がある、やりたい事がある、行ってみたい国が

ある、乗ってみたい車がある、住んでみたい所がある、など

夢があり、そのためにお金の準備が必要なら家計簿をつけましょう。

 

そして、家計簿をつけるならできるだけストレスが少なくて

便利で簡単なスマホアプリ家計簿で最短コースで夢を実現しましょう。

 

名刺用下田幸彦
青い森マネードクターズ 代表
『お金を残すコンサルタント』として
マネーセミナー、個別相談を行いながら
お金との上手な付き合い方を伝えている。
>>詳しいプロフィールはこちら