こんにちは。

ファイナンシャルプランナーの下田幸彦です。

先日、12月17日(土)にマネーセミナーを開催しました。

タイトルは

『今からはじめる老後資金作りのコツ
~はじめての確定拠出年金~』

日時:12月17日(土)13時30分~15時00分
場所:『NHK文化センター弘前教室』
受講料:会員2,246円/一般2,592円

内容は、2017年1月に制度改正により加入対象者が

増える「個人型確定拠出年金(愛称:iDeco『イデコ』)

の全体像と長期資産運用のポイントをお話させて頂きました。

実はこの「確定拠出年金」制度は2001年からありましたが、

個人で加入できる人は自営業か企業型年金制度のない会社員

でしたのであんまり普及していませんでした。

しかし、2017年1月から公務員、専業主婦も加入可能になります。

この確定拠出年金は簡単に言うと

「老後の自分年金作りのための制度で、国も税制上手厚い優遇をしてくれている制度」

という事になります。

これまでは良い大学を出て、良い企業に入社して

定年まで勤めれば、会社が用意してくれた退職金と

国の年金で老後は悠々自適な生活が送れるのが

一般的なサラリーマンの一生でした。

これを仮に『高度経済成長モデルのマネープラン』としましょう。

しかし、時代は変わり、以下のような制度は崩壊してきています。

  • 終身雇用制
  • 年功序列で右肩上がりのお給料
  • 退職金制度
  • 公的年金だけでの豊かな老後生活

 

なぜ、国が国民の老後の貯蓄に税制優遇などをするかというと、

『社会保障の一つとして用意していた年金制度が、それだけでは十分ではない』

と言っているように思います。

だから、自分の収入から自分の老後の貯蓄をする人には税金を

オマケするというような事をします。

 

 

制度の流れとして、ますます『自助努力』が必要になり、

自分の身と自分のお金は自分で守る事が大切になってきています。

 

だからこそ、しっかりとしたお金の知識と身につけて明日を

今日より一歩でも良い未来に作り変えていきましょう。

 

名刺用下田幸彦
青い森マネードクターズ 代表
『お金を残すコンサルタント』として
マネーセミナー、個別相談を行いながら
お金との上手な付き合い方を伝えている。
>>詳しいプロフィールはこちら