こんにちは。

ファイナンシャルプランナーの下田幸彦です。

2017年、早くも一週間が過ぎましたね。

今年こそは!と意気込んで立てた目標も

そろそろ億劫になって先延ばしになって

きていませんか?

そう、「3日坊主」ですね。

なぜ3日坊主に終わるのか?
どうすればずっと続けられるのか?

3日坊主に終わる本当の理由

 

どうして私って何をやっても続かないのか?

自分で自分がイヤになった事ありませんか?

私はサラリーマン時代、年初に今年の抱負
(というより仕事上のノルマ達成のコミットメント)

を出すのが嫌で嫌でたまりませんでした。

1月に書いたとても大きな目標も3月くらいには

すっかり忘れてしまい、年末に振り返って落ち込むと

いう経験を何度もしてきました。

 

しかし、独立してから色々な本を読むようになり、

続かない本当の原因がわかりました。

今日はその理由と対処法をお伝えしようと思います。

理由1.それを続ける明確な理由が決まっていない

ダイエットや試験勉強、家計簿などに言える事ですが、

毎日続けないと成果がでないですよね。

ここでなかなか続けられない人というのは、

「なぜ、自分はそれをしたいのか?する必要があるのか?」

というはっきりした答えを持っていない場合が多いんです。
(以前の私もそうでした。)

これがないと人間はなかなか一つの事を地道に続けるのは

大変な労力が必要となり、続けるのが苦しくなってきます。

これを乗り越えるためには、

「○○という目標を達成するのは△△という理由があるからだ」

という強い理由が必要です。

この形でいくつか自分なりの答えを書き出してみてください。

答えが沢山出れば、自然と続けられるようになります。

 

理由2.やることのハードルが高い

続けようと決めた事のハードルが高いとこれも意識の力で

続けようと思うので長続きしません。

そして、3日目には辛くなってきて「1日くらい休んでもいいや」

とサボってしまいます。

サボる方がラクなのでそのままズルズルといつもの自分に逆戻り

してしまいます。

この対処法としては、達成したい目標や毎日の日課を

何段階かの細かいステップに分けて「絶対にできる小さな事」をやる。

というものです。

はじめは一つ目の小さなステップを実行できたらOKにしましょう。

そして自分にご褒美を上げるようにします。

そして独りで大喜びしてください。

 

理由3.完璧を目指している(自分に厳しい)

これは上の理由2と少し重なりますが、ここまでやらないとダメ!

と自分に高いハードルを設定すると、できなかった時は嫌な

気持ちになります。

そして、できなかった自分を責めてしまうんですよね。

でも、毎回100点満点にできなくてもいいじゃないですか。

こんな時は今日も最初の一歩を踏み出したという行動力のある

自分を認めて褒めてあげましょう。

 

ついでに毎日自分を褒める「褒め日記」をつけましょう。

もちろん、私も「褒め日記」を毎日つけています。

当然、忘れる時もありますが、また再開すればいいのです。

もう少し自分に優しくしてみるだけで3日坊主は治ります。

 

名刺用下田幸彦
青い森マネードクターズ 代表
『お金を残すコンサルタント』として
マネーセミナー、個別相談を行いながら
お金との上手な付き合い方を伝えている。
>>詳しいプロフィールはこちら

お金の不安を早く解消したい40歳以上の方へ

仕事、結婚、子供の進学資金、マイホーム、老後のお金、親の介護、相続・・・お金の悩みが尽きない40歳以上のあなたへ。

900世帯以上の相談実績を持つ独立系ファイナンシャルプランナー(FP)がお金の悩みをシンプルに解決するヒントをメールでお届けします。読者限定のセミナー情報も手に入ります。