今日、青森から盛岡まで日帰り出張してきました。

目的は仕事の打合せもありましたが、行きつけの美容室でカットとヘッドスパをしてもらうためです。

その距離 片道152キロ、約2時間

なぜ、そんな遠く離れた場所まで時間をかけて行くのか? それは・・・

担当の美容師の腕がいいから

ですし、

自分の髪の毛のクセをわかってくれていて、職業、好みもわかってくれていて、適切なアドバイスがもらえるからアレコレ色んな事に悩まなくていいから

ですし、

お店全体の雰囲気がいいから

ですし、

お店の女の子がカワイイから

が理由です。

特に2番目の理由は

ザイオンスの熟知性の法則

そのものなんですよね。

聞いた事ありますか?

これはアメリカの心理学者ザイオンスが見つけた法則で、”人は目にする回数が多いほど、好意を持つ”のだそうです。
会話はしたことないけど良く見かける人の方が、一回だけ会った人よりも親近感を持たれるということですね。

これを身近な出来事に当てはめてみましょう。

1.遠距離恋愛は続かない
2.結婚相手と知り合った場所・・・第1位 職場
3.芸能人を街で見かけても呼び捨てにしてしまう
4.よく来る保険のおばちゃん(お姉さん)からなんとく保険に入った
5.上司から「お客様を定期訪問しろ」と言われ渋々訪問している
6.担当者から定期的に手紙やはがきが届く(顔写真入り)

さて、どうでしょう?色々とこの法則に当てはまる身近な出来事ってありますよね。

特に営業のみなさんは「6.担当者から定期的に手紙やはがきが届く(顔写真入り)」の顔写真入りの部分がポイントです。

文字だけではなく、顔写真を入れましょう。
これだけで見た人は会った気になります。

もちろん!私もやっています。

顔写真