こんにちは。

前回、前々回と「保険はどこで加入するか?」について

銀行の窓口で(資産運用の代用品として)保険加入をお勧めしない理由について書きました。

理由は3つあります。

理由1.保険には様々なコスト(手数料など)がかかっている

理由2.担当者が数年毎に入れ代わる、異動がある

理由3.あなた(のライフプラン(=人生))に基本的に関心がない

 

今回は3つ目の理由について書きたいと思います。

基本的に金融機関は3年周期で転勤があるというお話をしました。

当然、支店毎に営業ノルマがあります。

 

どんなに営業担当者がお客さんと仲良くなっても異動したら基本的に関係は終了します。

でも、あなたの人生や掛け続けている保険はそこで終わりません。

ずっと続きます。(保険は基本的にいつでも解約することができます。)

 

もし銀行で保険をお勧めした人が、

「銀行預金より率が良いから」というだけで貯蓄タイプの

保険をお勧めしていたらどうでしょう?

(実際こういうお勧めの仕方が多いようです)

 

その時は、「そうかも」と納得してポンと保険に加入。

しかし、数年後に急にお金が必要になることはありませんか?

 

例えば・・・

車の買い替えまであと5年くらいだ。

そろそろ自宅のキッチンやお風呂のリフォームもしたい。

子供たちの進学が近づくから塾に通わせた方がいいかも。

住宅ローンの3年固定金利が終わってローンの支払いが増える。

旦那さん(または奥さん)の両親の介護で一方の収入が下がる。

 

保険にお金を預ける時はよ~く考えてみましょう。

 

ご存知ですか?銀行預金と保険の大きな違い

銀行預金は元本保証ですが、保険は短期間で解約した場合は

多くの場合払った以上に戻ることはありません。

 

なかなかお金が増えないこの時代だからこそ

「預金より保険で少しでもお金を増やしましょう」というトークを耳にしますが、

保険にお金を預けるなら10年以上使わない余裕資金にしましょう。

 

あなたの人生の中で、いつ、どれくらいのお金が必要か

どのように準備していくのかをじっくりと時間をかけて

相談できる相手は銀行で大丈夫ですか?

 

PS

無料保険相談の経験がある方には衝撃の事実かもしれません。
↓ ↓ ↓

生命保険見直しで『こんな間違いしていませんか?』

お金の不安を早く解消したい40歳以上の方へ

仕事、結婚、子供の進学資金、マイホーム、老後のお金、親の介護、相続・・・お金の悩みが尽きない40歳以上のあなたへ。

900世帯以上の相談実績を持つ独立系ファイナンシャルプランナー(FP)がお金の悩みをシンプルに解決するヒントをメールでお届けします。読者限定のセミナー情報も手に入ります。