こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの下田幸彦です。

 

先日、私の家に東京の保険代理店から1通のニュースレターが届きました。
私は以前、その東京の総合保険代理店に勤めていて、その当時に加入した自分の両親の保険契約があります。「保険」というとガツガツしていて、押し売りイメージを強く持っている方も多いと思いますが、こうして年に数回、「新商品がでました!」ではなく、ニュースレターで情報がもらえるのは嬉しいですね。

ちゃんと契約者を大切にする姿勢の表れだと思います。

今回はそのニュースレターの記事の中から一つのアイディアをお伝えしようと思います。

保険の標準予定利率が下がります

2017年4月、保険会社は標準利率の改定を行う事が決まりました。
標準予定利率とは保険会社が保険料を決める時の基準になる利率です。

この標準予定利率が高いと私たちが払う保険料が安くなり、低いと高くなります。

つまり、同じ年齢・性別、健康状態も良好の方が、同じ保険に加入するとして、予定利率が高い時代に入れば安い保険料(毎月も総額も)で済みますが、予定利率が低い時代に加入すると高い保険料(毎月も総額も)を払うことになります。主に影響を受けるのは貯蓄性のある保険です。

では、その利率は何パーセントから何パーセントになるのか?ですが、1%から0.25%へ下がります。(4分の1まで下がるってことです!)

この環境変化を受けて、各保険会社は貯蓄率の高い商品を販売停止にしたり、貯蓄率を下げたりしています。
貯蓄性のある保険商品としては学資保険や個人年金保険、終身保険、養老保険があります。
これから保険加入を考えている方はこの点に注意して検討しましょう。

私の保険は大丈夫?

保険は契約時の予定利率が適用されますので、予定利率が高い時期に加入した保険がある方は(特に貯蓄型の保険は)解約しない方がよいでしょう。一般的に利率の良い時期に加入した保険を「お宝保険」と言います。
(更新型の保険の場合は別)

マイナス金利時代の貯蓄の活かし方(お宝保険活用編)

いよいよ本題です。

もし、あなたが「お宝保険」に入っていて、銀行の普通預金にしばらく使わないお金を預けているなら、お宝保険を払いきってしまうのも一つの方法です。

毎月コツコツと払っていくイメージの保険ですが、手元の貯蓄を使って、保険料を全て払い込む方法を「前期前納」といいます。

すると、一気に払い切った方が毎月コツコツ払うよりも(通常は)少し割引が利くので支払い総額は少ない金額で済みます。この差額が銀行に預けっぱなしにした時にもらえる利息と比較して、多ければ低金利の預金よりも有利ということになります。

しかも、前納した後に亡くなったら未経過分は保険金とは別に戻ってきます。

ちょっとイメージつきにくいと思いますので、

例えば・・・

残り10年の支払い期間があるお宝保険を前期前納して、1年後に亡くなったとすると、保険金とは別に前納した9年分の保険料が戻ってくるということです。
(保険会社によってルール・条件や割引率など異なりますので、加入している保険会社に必ず確認してください)

先入観に囚われない発想も必要ですね。

 

名刺用下田幸彦
青い森マネードクターズ 代表
『お金を活かすコンサルタント』として
マネーセミナー、個別相談を行いながら
お金との上手な付き合い方を伝えている。
>>詳しいプロフィールはこちら

お金の不安を早く解消したい40歳以上の方へ

仕事、結婚、子供の進学資金、マイホーム、老後のお金、親の介護、相続・・・お金の悩みが尽きない40歳以上のあなたへ。

900世帯以上の相談実績を持つ独立系ファイナンシャルプランナー(FP)がお金の悩みをシンプルに解決するヒントをメールでお届けします。読者限定のセミナー情報も手に入ります。