経営者にとって最も頭を悩ませるのが「資金繰り」ではないでしょうか?

会社は売上があっても現金が無くなれば終わりです。

その時、選択肢は2つです。

  1. 銀行から融資を受ける(借り入れ)
  2. 投資家から集める(出資)

1の銀行から融資を受けるためには過去の決算書で判断される部分が大きく、
決算書の内容よっては融資を受けられません。

では、融資を受けられる決算書と受けられない決算書の違いはなんでしょうか?

すぐに知りたい方はお問合せフォームからご連絡ください。

顔写真