名刺用働く女性と社長のためのFP事務所
青い森マネードクターズです。

さて、今日もあなたの資産を『つくる』『ふやす』『まもる』
ためのお金の知恵をお伝えしていきます。

突然ですが、あなたは毎月定期的に貯蓄できていますか?

なかなかお金が貯まらない?それならレシートを集めてください

答えがNOなら一度レシートを集めることをおススメします。

個別相談で将来家計のシミュレーションを行うとき、現状把握のために
お客様に必ず毎月の支出をお聞きしますが、家計簿をつけて支出を把握
している人は10人中1人いれば良いほうです。(もっと少ないかも)

以前、なかなかお金が貯められないお客様と個別相談の中で家計簿の話になりました。
やはり家計簿はつけていらっしゃいませんでした。

ぶっちゃけた話、

家計簿は正直めんどくさい。手間はかかるうえに貯まらん貯蓄、
毎月毎月お金が足りなくなっていつも凹むばかり・・・

こういう経験をした方はきっとかなりの人数いるはずです。
あなたはどうですか?(私もかつてはそうでした。)

家計簿をつけることが目的になっていませんか?

実はこの症状、がんばって家計簿をつけようと思う人ほどこの状態に陥ります。
マジメにコツコツタイプの人は要注意。

家計簿をきっちりつけることが目的になっていたり、仕事から帰ってきて夜寝る
前に眠い目をこすりながら家計簿をつけることで全力を使い果たしていませんか?

もしそうなら要注意です。

そもそも、家計簿をつけるのは現状把握をするためです。
・何に多くお金を使っているのか?(=割合の確認)
・ムダは隠れていないか?(=適正額の確認)
・このお金を使って楽しかったか?(幸せな気分になれたか?=感情の確認)
を確認することです。

収入ー支出=貯蓄 ですから

あたまの中の超ざっくり計算では現状はわかりません。
(上の3つの確認ができている方はこのページは閉じてください)

まずは現状把握が大切なのですが、この時多くのお客様が把握できている支出といえば、
・口座引き落しになっているもの
・クレジットカード明細に載っているもの
・毎月決まって支払っているもの
・キリのいい金額のもの
くらいです。

きちんと現状把握をするためにも1ヶ月分だけでもいいので支出をしっかりと把握しましょう。

いろいろ方法はありますが、
手っ取り早くできるのがレシート集めなんです。

会社に置き換えて考えてみましょう。
会社は一年間に売上がいくらあり、経費がいくらかかり、
利益がいくら出たのかを計算して儲かった額に対して税金を納めています。

売上という収入も経費という支出もすべて正しく記録&計算しています。
そして、いつどこにいくら払ったかがいつでも確認できるように領収証をもらってますよね?

家計にもこの考え方を少し応用して次の方法を行います。
1.お金を使ったときはレシートを必ずもらう(もらえないとき(自動販売機など)は紙切れでも何でいいのでとにかくメモ)
2.レシート(メモ)は財布に入れておく。

まずはこれを1ヶ月つづけてみましょう。

ここまで来ると
・財布がパンパンになってかっこ悪い
・家計簿を買うならどれがいいですか?
・やっぱり計算がめんどうで挫折しそう

いろいろ疑問や不安があるかと思いますが、それは次のステップでお伝えします。

まずはレシート集めからスタートしましょう。

おススメの本【家計改善に効く一冊】

なかなかお金が貯まらない?お隣さんはどうしてる?気にはなるけどなかなか聞けない家計のコト。それなら7000世帯の家計診断から自分の家計を見つめてみてはどうでしょう。これがわかれば赤字家計を黒字化するヒントが見つかります。